彦根ヒストリア講座【近代編】「近代彦根の黎明」【第3講】「井伊直憲の西洋遊学」

  • イベント
  • 夜型
彦根ヒストリア講座【戦国編】「石田三成の遺したもの」【近代編】「近代彦根の黎明」1
彦根ヒストリア講座【戦国編】「石田三成の遺したもの」【近代編】「近代彦根の黎明」2

【ヒストリア講座について】

「歴史を愉しむ街、彦根」として、市民全体が彦根史を学ぶ講座として2014年に開講致しました。戦国、江戸期を中心に彦根の都市形成や歴史的主要人物を紹介し、広く理解を深めて頂ける学びの機会となっておりまして、彦根市外の方にもご参加頂ける講座となっております。

今年は新型コロナウイルス対策も考慮しながら、【戦国編】(石田三成)、【近代編】(近代彦根の黎明)の異なるテーマ・時代設定の講座を開講予定です。

 

【第3講】「井伊直憲の西洋遊学」
講師:鈴木 栄樹 氏(京都薬科大学名誉教授)

【近代編について】

2021年は大河ドラマ「青天を衝け」、2024年には新壱万円札の肖像として渋沢栄一翁に決定しています。渋沢翁は何といっても商工会議所の生みの親であり、さらには、みずほ銀行、三井住友銀行、東京証券取引所、日本郵船、日本航空、王子製紙、サッポロビール、IHI、帝国ホテル、日本赤十字社など、現在も日本経済を支える名だたる大企業含む約500社、700の公益団体等の設立に関わり、名実ともに「日本資本主義の父」と称されている偉人の一人です。

今回のヒストリア講座【近代編】では、「近代彦根の黎明」のタイトル通り、渋沢栄一翁と同じ時代を生きた彦根・近江の黎明期に現在の彦根の礎を築いたといっても過言ではない功績を残した最後の藩主「井伊直憲」を主軸に、周辺の近代彦根の偉人も合わせて取り上げる予定です。

 

【アピールポイント】
①大河ドラマゆかりの地
②歴史ファン必見、豪華講師陣
③毎回テキストを製本、ここでしか手に入らない貴重な歴史同人誌をゲット

 

【新型コロナウイルス対策】
受付にてマスクの着用を徹底、検温の実施。
講師には「マスク」の着用、演題にも「アクリル板」の設置。
定員を設け、3密を避ける。

開催期間
  • 2022年2月10日

開場:18:00、開始:18:30~20時(90分)

※新型コロナウイルス感染症の影響により、プログラムや日程に変更の可能性もあります。HPをご確認下さい。
https://www.hikone-cci.or.jp/2021premium-jyuku/

開催場所
ひこね市文化プラザエコーホール(彦根市野瀬町187-4)
最寄り駅
JR彦根駅
参加料金
会員500円/一般700円/学生無料
定員
各講座100名まで
予約
必要 事前

お問い合わせはこちら

彦根商工会議所

TEL:0749-22-4551